トップ / 病院をまとめる事務長とは

病院における事務長とは

病院が舞台になっているドラマなどで、よく出てくるのが事務長という肩書きの人です。どのような役割の人なのでしょうか。基本的には、その名前の通り事務を統括する立場の役職です。診察以外の部分の責任者と言えるでしょう。企業に近い部分も多々ありますので、事務職員や医師の採用や給与の支払い、患者からの治療費の回収など管理業務は多岐にわたります。影から支える重要な役割と言えるでしょう。ちなみに、病院の代表者である院長は医師でないといけないと決まっていますが、事務長については規定はありません。事務職員として採用され、出世していくなかで就任するケースが多いようです。

大学の医療機関の事務長の役割

大学病院には、様々な形態のスタッフが勤務しています。例えば、医師・看護師・薬剤師・放射線技師・委託事務員・専任職員などです。一般的に事務スタッフは、医院内のヒエラルキーは低いとされていますが、大学の中ではこの限りではありません。本部キャンパスと呼ばれる、大学の方向性を決める部署に勤める職員が、医学部や病院に派遣され、予算や新規医療器具の購入などに大きな権限を有しています。そのため、単科大学に比べて事務員の影響力が非常に大きい傾向にあります。事務長は、この専任職員を取りまとめる役割を担っており、医院の執行部として位置づけられます。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院で迷った時には案内を. All rights reserved.