トップ / 病院にかかる際のこと

病院の医者と聞いて想像すること

医者になるためにはたくさんの難関がありますね。たくさんの難関を通り抜けてきただけあって、ホントに素晴らしい人はたくさんいます。病院に勤めるとなると、様々な医者を見ることになるのですが、専門をそれぞれ持つので、その分野にたけている人が多いのは当たり前です。その分、こだわりも強くい人が多いのも事実です。今ではセカンドオピニオンや、病院内にいる他分野と協力してより良い医療の提供に努めることも多くなってきました。また、研修を開催してお互いの知識を提供しあうこともあります。患者のために動いている人が多いのも事実ではないでしょうか。

医者には得意分野がある

具合が悪い時など病院で診てもらいますが、内科と一口にいっても、呼吸器内科や循環器内科、腫瘍内科など細かく分かれており、医者にも得意分野とそうでない分野があります。そのため、症状に合った薬を処方してもらえないこともあります。病院で診察を受ける際は大きい医療機関は細かく分かれているので安心ですが、小さい医療機関の場合は看板や案内を見ると良いです。看板や案内にはその医師が得意としている分野を一番最初にもってくるからです。より細かく症状を診てもらい、体にあう薬を処方してもらいたい場合はそういったところに注目すると安心です。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院で迷った時には案内を. All rights reserved.