トップ / 甲状腺の病気を治療する

甲状腺の病気について

様々な原因によって何種類かの甲状腺の病気がありますが、その症状は甲状腺ホルモンが出すぎたり、少なかったりすることで、血圧や精神状態、代謝といった体の機能に何らかの異常を引き起こす可能性がある点で共通しています。甲状腺ホルモンが出すぎる病気にはバセドウ病や亜急性甲状腺炎などがあり、少なすぎる病気としては橋本病が有名です。どちらの疾患も甲状腺ホルモンを増やす、あるいは減らす作用のある薬で治療することになります。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院で迷った時には案内を. All rights reserved.